ビジネスで動画を活用するのであれば、YouTubeに動画をアップロードするのが手っ取り早くて便利です。

店舗であれば道順を教えるような動画でもいいですし、使い方の説明が必要な商品を扱っているのであれば、その解説動画を作ったりしてみてもいいですね。

今回の記事では、はじめてパソコンでYouTubeに動画をアップロードしようした時に、どのような手順でアップロードするのか、初心者にもわかりやすく解説してみました。

YouTubeにログインする

まずはじめに、YouTubeにログインをします。

ログインにはGoogleのアカウントが必要ですので、アカウントを持っていないようであれば、事前に取得しておいてください。

Googleのアカウントは、これひとつあれば、Googleの他のサービスもいろいろ使えますので、この機会に取得しておくことをオススメします。

アカウントの取得はこちらのページから必要事項を入力していくだけで、誰でもカンタンに取得することができます。

Googleアカウントの作成ページ

YouTubeにアップロードする

ログインをしたら、ページの右上にある【アップロード】をクリックします。

【アップロード】をクリックすると、下記の図のような画面になります。
youtube-uproad

この画面でYouTubeに動画をアップロードをするのですが、アップロードした動画の公開範囲の設定(プライバシー設定)ができます。
youtube-uproad2

公開範囲については下記の3種類があります。

公開範囲1 公開

全体に公開されます。
GoogleやYouTubeの検索結果にも表示され、誰でも再生することができます。
普段あなたも見ているようなYouTube動画の設定はこちらになります。

公開範囲2 限定公開

URLを知っている人だけが再生できます。

検索結果にも表示されないので、友人だけに見せたいとか、一部のお客さんにだけ見れるようにしたい、といったような使い方ができます。

しかし、URLを知っていれば再生できてしまうので、一部の人にだけ教えたとしても、他の第三者がそのURLを公開してしまえば誰でも見ることができてしまうというリスクはあります。

うまく活用すれば、会員限定に公開するなど活用できるシーンはたくさんあります。

アップロードした後に、まずはあなたやパートナーとだけ共有し、確認が出来てから公開設定に変える、といった使い方もできます。

公開範囲3 非公開

限定公開よりもさらに厳しいプライバシー設定になります。

自分もしくは自分が認めたGoogleアカウントを持っている人しか再生できない設定です。

もちろんYouTubeを含めて、検索結果には表示もされません。

「非公開」にした動画の共有は、その設定をGoogle+で行いますので、チャンネルがGoogle+と紐付いている必要があります。

そのため、あなたが動画の視聴を認めたユーザーが、万が一その他の第三者に動画のURLの情報を漏らしてしまったとしても、動画を再生することはできません。

動画の公開範囲の設定をしたら、ここにアップロードしたい動画ファイルをドラッグ&ドロップします。

もしくは画面中央付近をクリックすると、ファイル選択画面が開きますので、アップロードしたいファイルを選択しましょう。

動画の詳細設定をする

次に動画の詳細設定を行います。
youtube3

動画のアップロードを開始すると、上記のような画面が表示されます。

ここで動画の詳細について設定をしていきます。

動画の詳細設定自体は必須ではありませんが、細かく設定をしておくことで狙ったキーワードで検索結果に表示されやすくなったりします。

進捗状況

動画のアップロードの進捗状況がわかります。

タイトル

動画のタイトルをここで入力します。

このタイトルが検索エンジンでの検索結果に表示されますので、わかりやすく魅力的なタイトルを入力するようにしましょう。

説明

動画の説明欄です。

動画の概要やホームページの情報などを入力するといいと思います。

タグ

動画に関連するタグを入力することができます。

タグ自体は動画を見ている側からは表示されませんが、動画と関連するタグを入力することで、関連動画として表示されるようになったりします。

適切に設定することで、露出が増えることになるので、できるだけ活用してください。

公開設定

動画の公開範囲の設定を行うことができます。

アップロードするときに選択しているはずですが、ここで公開設定を変更することもできます。

アップロードされたか確認する

最後に動画がきちんとアップロードされたか確認をしましょう。

アップロードが完了すると、登録しているメールアドレス宛に、動画のアップロードが完了したことをお知らせするメールが届きます。

そのメールをそのまま利用すればアップロードした動画を共有することもカンタンです。

もし、アップロードするたびにそのメールを受け取りたくなければ、メールを送らないように設定を変更することも可能です。

メールの設定変更は、ログインをした状態で下記のページより変更してください。

アップロードした動画のお知らせメール設定

まとめ

パソコンを使ってYouTubeに動画をアップロードする方法について詳しく解説をしました。

動画はスモールビジネスにとって、とても有効なツールです。

店舗系のビジネスであれば、お店の場所を伝える動画を作ったり、どんなメニューか解説するようなものを作ってもいいかもしれませんね。

また、非公開設定を活用すれば、会員限定コンテンツや、既存のお客さんだけに向けたフォローなどにも使えます。

アイディア次第でいろいろ使えますので、この記事を参考にYouTubeへの動画アップロード方法は是非マスターしてくださいね!