ブログやSNS、メルマガなどでの情報発信は毎日多くの方が取り組んでいます。

こうした情報発信をするにはどうしても時間がかかってしまいますよね?

時間がかかるのは仕方ないとしても、ツールを活用したり、やり方を変えることで作業効率をアップさせることはできます。

こういったことで情報発信にかかる時間を減らせればいいですが、なかなかうまく効率化することができない場合もあります。

そんな時は、今回お伝えする3つのポイントを見直すことで、情報発信にかかる時間を減らせるかもしれません。

情報発信に時間がかかる時に見直すこととは?

情報発信に時間がかかるときに見直すポイントを5つご紹介します。

以下一つずつ解説していきます。

見直すポイント1 知識不足

情報発信するためには、インプットも重要です。

時間がかかってしまうのはツールの使い方ややり方ではなく、そもそも情報発信に必要なインプットが足りないのかもしれません。

理解していると思っている専門的な知識も、自分の中でキチンと理解できていないと、いざそれを伝えようとした時にうまく言葉や文字にすることができないことがあります。

そういった場合は、もう一度インプットに時間を割いてみることで、情報発信の時にかかる時間を減らせるかもしれません。

見直すポイント2 アウトプットに慣れていない

これは上記のポイント1とは逆で、インプットは十分に足りているけれど、アウトプットすることに慣れていないことで時間がかかってしまうこともあります。

この場合は、とにかくたくさんアウトプットするということが時間短縮のためには必要です。

インプットが多すぎる場合はアウトプットの場を先に用意してからインプットすることを癖付けると良いでしょう。

それを繰り返すことで、アウトプットすることに慣れていきます。

慣れることで結果的に情報発信にかかる時間を短縮することができます。

見直すポイント3 目的が決まっていない

情報発信をするときに目的が決まっていないことも、時間がかかってしまう原因になってしまいます。

ブログでもSNSでも動画でも、目的がなく思いつきでの情報発信をしてしまうと、内容がアチコチ飛んでしまって無駄な時間がかかってしまいます。

時間がかかってしまう上に、せっかくの情報発信も受け取り手からすると何を言いたいのかよくわからない、なんてことにもなってしまいます。

その情報発信はなんのための情報発信なのか?

情報発信することで、受け取る側にどういうことを感じて欲しいのか?

ただ単に発信するだけではなくて、どういう目的での情報発信なのかを明確にすることが重要です。

見直すポイント4 完璧主義

完璧主義も時間がかかってしまう大きな要因の一つとして挙げられます。

ブログやSNSなどの記事投稿や、YouTubeを使った動画コンテンツの配信など、コンテンツの完成度の高さを求めすぎて時間がかかっていませんか?

もちろんクオリティがどうでもいいということはありませんが、完璧を求めすぎてもよくありません。

記事であれば、多少の誤字があっても、内容に影響ないのであればリリースしてしまってもいいと思います。

動画も正確に間違いなく話すことよりも、相手に言いたいことが伝われば多少の言い間違いがあっても問題ありません。

それよりも、せっかくの情報発信ですから、早く相手に届けることの方が重要です。

間違いや修正点を見つけて、どうしても気になるようでしたら、余裕のあるときに後日差し変えるぐらいの感覚でいいと思います。

ウェブ上の情報発信であれば、いつでもお金もかけることなく修正はできますしね。

見直すポイント5 タイピングが遅い

これは文字での情報発信の場合ですが…。

私のクライアントさんの中にも、

「ブログを書く時間がなかなか取れないんです!」

という方がいらっしゃいました。

でもよくよく話を聞いてみると、ブログのための時間が取れないのではなかったのです。

原因はタイピング速度が遅いために、必要以上にブログ記事を書くための時間を取られてしまい、その結果ブログを書く時間がない!ということでした。

これは「時間がない」というスケジューリングの問題ではなくて、「タイピング速度が遅い」というスキルの問題だということ。

解決策としては、時間を作ることではなく、タイピングの練習をして速度を速めるということでした。

タイピングが遅いと、入力するのに当然時間がかかります。

それだけなく、頭に浮かんだことを文字にするためのタイムラグが長くなることで、タイピングしているうちに「あれ?なんだっけ?」と考える時間も長くなってしまいます。

これではとても非効率ですよね。

タイピングが速くなるだけでも情報発信にかかる時間は大幅に減らすことができます。

情報発信を繰り返すことで作業時間はどんどん減らせる

情報発信は慣れないうちはとても大変と感じるかもしれません。

時間もかかりますし、頭も使います。

ですがブログでも動画でも、お客さんのためになる情報発信を続けることで作業時間を大幅に減らすことができます。

繰り返すことで情報発信のスキルが上がるので、情報発信そのものにかかる時間を減らしていけるということが一つ。

それ以外にもブログは書けば書くほど、動画は作れば作るほどストックしておくことができるので、コンテンツとして再利用することができます。

例えばよくある質問をまとめてブログ記事にしたり動画にします。

そうすると、同じことを他の方から質問されたりした場合は、その作ったコンテンツを見せてあげればいいわけです。

こうすれば自分が対応しなければいけない時間はどんどん減っていきます。

実際に私もブログや動画にするネタは、今までクライアントから質問があった内容が多いです。

そして同じ質問が来た場合には「詳しくはこちらをご覧ください」というようにブログや動画のコンテンツを見てもらうようにしています。

まとめ

情報発信を継続するには時間の短縮は避けては通れません。

時間がかかる原因はどこなのか?

改善の第一歩は本当の原因を理解するところからです。

あなたが情報発信にどうしても時間がかかる、ということでしたら、今回お伝えした5つのポイントを見直すところから始めてみてください。