スモールビジネスで成功するためには、大企業と同じやり方では勝つことは難しいです。

圧倒的な資本力を誇る大企業と違い、スモールビジネスでは当然、投下できる資金も人的リソースも限られています。

ですから正面からぶつかっても勝てるワケがないのです。

ではどうすればいいのか?

正面からぶつかって勝てないのであれば、根本的に戦い方を変える必要があります。

究極をいえば、
「戦う」のではなく「戦わなくても勝てる」
ようになればそれが一番です。

この記事ではスモールビジネスが大企業と「戦わなくても勝てる」ビジネスになるため必要な、絶対に外せない2つの基本戦略について解説していきます。

スモールビジネス成功のための基本戦略
その1 必ず勝てる土俵で戦う

基本戦略の1つ目は「必ず勝てる土俵で戦う」ということです。
つまり、「徹底した差別化」です。

スモールビジネスがうまくいかない場合、その理由の多くは、そもそも「あなたの会社を選ぶ理由がない」ためです。

あなたが扱っている商品やサービスが、大企業をも圧倒するようなズバ抜けた独自のものであれば別です。

ですが、スモールビジネスでそのような商品やサービスを扱うケースは非常に稀だと思います。

特に他社とさして変わらないような商品やサービスであれば、

「どうせだったら知っているところから買う」
「この商品ならあそこから買えば間違いない」

など、すでにブランドが確率されているようなところから買いたい、という顧客心理が少なからず働いてしまいます。

ですので、同じ土俵で戦う前に、「◯◯だからあなたのところから買う」という他社と比べられない理由が必要になるのです。

この「◯◯だからあなたのところから買う」という状態に持っていくために、

「この分野、このエリアなら絶対に負けない」
「ここなら必ず勝てる」

という土俵を見つけなくてはいけません。

大企業がカバーしていないような、あなただけが勝てるニッチな分野を探していきましょう。

あなただけが勝てるニッチな分野を探すために必要な作業は大きく分けて2つあります。

・対象とする理想のお客さん像を明確にする
・あなたの商品やサービス、あなた自身の強みを明確化する

この2つをトコトン考えて、しっかりと言語化することで「勝てるニッチな分野」を見つけることができます。

この2つの作業については、ここで解説してしまうと長くなってしまうので、また別記事でまとめたいと思います。

まずは自分なりに上記2つを、頭で思い描くだけでなく、文字に書き起こしてみてください。

文字にすることで思考が整理され、漠然と考えていたものが少しずつでも形になるはずです。

スモールビジネス成功のための基本戦略
その2 顧客を育てる

基本戦略の2つ目は「顧客を育てる」です。

これはどういうことかと言うと、今すぐお客さんになってくれる人だけを相手にするのではなく、そのうちあなたの商品やサービスを買ってくれる可能性のある人たちとも関係を続けていくということです。

つまり、あなたに興味や関心を持っている見込み客と継続して接触をし、信頼関係を構築した上で商品やサービスを買ってもらうという視点を持つことです。

今すぐお客さんになってくれる人と、そうでない見込み客との違いは2つあります。

それは、

・必要性を感じているか
・タイミング

この2つを感じているかが大きな違いです。

多くの場合は、この「必要性」と「タイミング」を共に高いレベルで感じている、購買意欲の高い今すぐ客だけにアプローチをしています。

そして、消費者全体でみると購買欲の高い今すぐ客の割合は非常に少ないです。

もともとの数が少ないなかでその今すぐ客を取り合いするわけですから、ここで戦ってしまっては資金力も豊富な大企業には絶対に勝てません。

大企業とまではいかなくても、先行している中小企業の同業他社に勝つのも難しいでしょう。

しかし、逆を考えてみると、「必要性」と「タイミング」は感じていないが、あなたの商品やサービスに興味を持つ可能性のある人は、今すぐ客の何十倍も存在します。

そういう見込み客との関係性を維持しながら、「必要性」と「タイミング」を感じてもらえれば、やがてあなたの商品やサービスを買ってもらえる可能性は十分にあるわけです。

しかも、それまでに見込み客との関係性(信頼)がしっかりと構築できていれば、「必要性」と「タイミング」を感じた時点で、同業他社よりも真っ先にあなたのことを思い出してくれるはずです。

そうなってしまえんば、不要な戦いをする必要がなくなります。

つまり、信頼関係を構築しながら「必要性」「タイミング」を感じてもらえるように顧客を育てることで、商品やサービスの内容・価格だけで比較するのではなく、あなたから買いたいという状態にすることができます。

今すぐ客だけを追うのではなく、

・見込み客との関係を維持しながら信頼を得る
・その過程で「必要性」と「タイミング」を感じてもらえるように顧客を育てる

こういう視点を持つことがスモールビジネスで成功するためには非常に重要になってきます。

スモールビジネス成功のための2つの基本戦略 まとめ

今回はスモールビジネスが成功するために必ず必要な2つの基本戦略について解説しました。

・徹底して差別化する
・顧客を育てる

この2つの基本戦略を進めることで「必ず勝てる土俵」で勝負をすることができます。

突きつめていくと戦うことも不要になるので「勝負」という言葉も無縁になるかもしれませんね。

スモールビジネスで成功したいのであれば、戦って勝つのではなく、どうすれば戦わなくてもいいのか、という視点で考えてみることをオススメします!