今、YouTubeのビジネス活用が注目されています。

YouTubeは今では誰もが知っている動画共有サービスで、世界中の人が利用している超巨大メディアです。

しかもただ利用するだけであれば、アカウントさえあれば無料で使えるというのも非常に魅力的ですよね。

これをビジネスに使わない手はない!ということで、私もたくさんの方にYouTubeを活用することをオススメしています。

ですが、やはりYouTubeに限らずとも、動画を使うとなると多くの方に最初に立ちはだかるのが「心の壁」です。

この「心の壁」を乗り越えて、動画に取り組めるようになるとYouTubeは非常に強力なツールとして活用できます。

この記事ではYouTubeをビジネスに活用するために、まず知っておきたい4つの心構えについてお伝えします。

YouTubeのビジネス利用、4つの心構え

心構え1 難しいものと捉えない

動画を使うと聞くとどんなイメージを持ちますか?

動画を自分で作ったことがない場合、ほとんどの方は「難しそう」というイメージを持っていると思いますし、実際に私もそういう声をよく聞きます。

動画を作ると言っても、テレビで見るCMや、ドラマ、映画を作るわけではありません。

いつもあなたがお客さんに対してしている説明やフォロー、あなたが質問された時に答えることなど、いつも通りしていることをただ動画にしてみればいいだけです。

動画だからといって特別なことをするわけではありません。

いつもやっていることをたまたま動画で記録している、といったようなイメージをしてもらえるといいでしょう。

私達がビジネスで動画を見てもらいたい相手は誰ですか?

自分のお客さんに見て欲しいと思うものですよね。

そしてお客さんに見せたいのはどんな動画ですか?

CMや映画のような「映像作品」ではないはずです。

見てもらいたいのは、あなたの想いや人柄、商品やサービスのことですよね?

ですので、映像作品を作るといった難しいことを考えるのではなく、いつもやっていることを動画で記録するだけ、という気持ちでまずは気軽に取り組んでみてください。

心構え2 恥ずかしがらない

動画に出演しているプロと、そうではない一般人の違いってなんだと思いますか?

美男だったり、美女だったり、滑舌が良かったり、スタイルがよかったり、容姿だけでなく演技力やトーク力など様々な違いがありますよね。

でもここで言っている違いとはそういうことではありません。

共通している一番大きな違いは「堂々としていること」です。

容姿が人より優れているかどうかなんていうのは関係ありませんし、カメラの前で上手に話す必要もありません。

ですがプロとして堂々としている必要はあります。

ここでいうプロとは、ビジネスでお客さんからお金をいただく、あなたのジャンルでの専門家という意味です。

想像してみてください。

・もじもじ自信なさそうに話している人
・アナウンサーのように上手に話せているわけではないけれど、自信に溢れて説得力あるように話す人

あなただったらどちらの人の商品やサービスを利用したいと思いますか?

普通だったら自信なさそうな人から買いたいとは思いませんよね。

うまく話すことができなくても、自信を持って話せればOKです。

自信を持つということが難しいのであれば、まずは自然な姿で映る努力をしてみてください。

知り合いや家族に協力をしてもらって、雑談をしながらその中であなたのビジネスについて質問をしてもらう、というのも一つの手です。

ただ単に一人で動画を撮影するよりも、ごく自然に自信を持って話しているあなたの姿を撮影することができるはずですよ!

心構え3 完璧を目指さない

動画を撮影する、となるとなぜかドラマの撮影のように一回のミスも許されないと思い込みがちです。

繰り返しになりますが、あなたがお客さんに動画で見てもらうのは「映像作品」ではありません。

ちょっとぐらい噛んだって、そこから言い直せばいいだけです。

むしろ機械的に話されるより、対面でお客さんと接している時のように、少しぐらいの言い直しがあったほうが人間味があっていいです。

最初から完璧にできる人間なんていないですし、そもそも「完璧」なんてありません。

あなたが目指している「完璧」はお客さんにとってみれば、商品やサービスを買うかどうかに大して影響のないただの「自己満足」かもしれませんよ。

70点の動画を100点目指して残る30点を取れるまでお客さんの目に触れない動画と、70点でもいいからお客さんにあなたのことが伝わる動画をどんどん増やしていくのでは、どちらが成果につながると思いますか?

それにあなたが70点だと思うような内容でも、お客さんから見てみたら限りなく100点に近い内容だったりもするわけです。

ですから、完璧を目指すのではなく、70点でもいいからとにかくやってみる!という心構えを持ってください。

心構え4 とにかく楽しむ

動画は文章と違い、視覚と聴覚に訴えかけることができる、とても優れたメディアです。

それゆえによくも悪くも見ている側に感情が伝わります。

いくらお客さんにとって役に立つ素晴らしい内容であっても、それを伝えることだけに集中してしまうと、なんとなく固く重苦しい雰囲気になってしまいます。

文章とは違い動画は情報量が多い分、お客さんにも敏感にその雰囲気は伝わってしまいます。

逆にあなた自身が楽しむことができれば、動画を見てくれているあなたのお客さんにも楽しい雰囲気を伝えることができます。

重くならないように、あなたがリラックスして楽しめる環境で撮影してみる、というのも一つの手かもしれませんね。

YouTubeをビジネスに使う一歩を踏み出してみる

心構えとして4つを伝えしましたが、心の壁を乗り越えるにはとにかく1回やってみるのが一番早いです。

YouTubeには「公開」の他にも、動画のURLを知っている人しか見ることができない「限定公開」と、投稿者本人しか見ることができない「非公開」という設定をすることができます。

まずはあなたしか見ることができない「非公開」の設定でいいので、動画をYouTubeにアップロードしてみてください。

意外とカンタンにできると思いますし、動画をYouTubeにアップロードしたという事実が、動画に対するメンタルブロックを外してくれるきっかけになりますよ。

実際に私がアドバイスしたクライアントさんからも、

・やってみたら意外とカンタンだった!
・不安に思ってただけで、やってみたら楽しくなってきた!

という声をいただいています。

人は未知のものには不必要に不安を抱く生き物です。

知ってしまえばどうということはない、というのは多々ありますので、動画についてもまず自分で一回だけでも実践してみることをオススメします。

YouTubeをビジネスに使うときの心構え まとめ

いかがでしたか?
YouTubeをビジネスに利用する時の4つの心構えとして、

・難しく捉えない
・恥ずかしがらない
・完璧を目指さない
・とにかく楽しむ

ということをお伝えしました。

そしてここで最後にもう一つ、重要なことをお伝えします。

それは…..

最初はどうせ誰も見ていない!

ということです。

動画に対する「心の壁」の大部分を占めるのは、人に見られることに対する羞恥心です。

ですが、安心してください。

大事なことなのでもう一度言いますね。

最初は誰も見ていない!

のです。

YouTubeに公開設定でアップロードしたところで、その動画をあなた自身が公表しない限り、はじめは誰から見られることもありません。

1本アップしたところで再生されることはまずないので、人に見られることは気にしなくて大丈夫です。

まずはYouTubeに動画をアップロードするということを少しでも繰り返して、心の壁を取り除くとともに、動画に慣れていくことが大事です。

動画のできはどうあれ、動画を活用するためのメンタルを養ってください。

動画はいつでも削除できますし、非公開にすることもカンタンです。

あなたがご自身でビジネスをしているのであれば、この先YouTubeの活用をするかしないかで成果は大きく変わってきます。

ぜひこの機会にYouTubeを活用して、あなたのビジネスに動画を取り入れてみてくださいね!